ワックジャパンのアテンダント

ワックジャパン自慢のアテンダント

ワックジャパンの講師陣、アテンダント達はみな、京都を愛し国際交流を愛する素敵な地元の女性たちです。
茶道の精神である一期一会をモットーに、お客様お一人お一人とのたった一回の出会いを大切に、
日本文化を通して温かい旅の思い出作りをお手伝いしております。

ワックジャパンが誇る約50名のアテンダントから、以下、数名の皆さんを紹介します。

attend01

山本 佳絵

- Yoshie Yamamoto -

ツアー担当

5年間の海外生活と多くの国と地域へ旅した経験は、様々な人々や文化についてより深く学ぶ機会になりました。
通訳案内士として食と食文化とお酒については特に熱く語ってしまいます。京都のお酒はなぜ美味しいのでしょう?国際きき酒師でもある私とその謎について探訪するツアーはいかがですか?

attend02

山田 智子

- Tomoko Yamada -

伝統文化担当

ゲストの方々の体験が、京都滞在中のハイライトとなるように努めていきたいと思います。
私は着付けをすることが好きなので、多くの方々に着物を着ていただきたいです。そして素敵な写真を思い出として持ち帰ってくだされば嬉しいです。これからも世界中からのゲストの方々を笑顔でお迎えしたいと思います。

attend03

神保 峯子

- Mineko Jinbo -

伝統文化担当

書道体験では一本一本に集中させ、貴方の字が生まれます。
字には意味があります。
書道のかっこいい得難い経験をお楽しみにください。

attend04

野村 三重子

- Mieko Nomura -

料理担当

料理アテンダントとしての私―まず和食の基本‘だし’の作り方から教えます。
日本独特の半切り、四角の卵焼き器などの料理器具を使って、海外のお客様と一緒に楽しい和食作りと食文化の紹介に努めています。

attend05

足立 明日香

- Asuka Adachi -

伝統文化担当

お客様に接する際には、体験いただく伝統文化と現代の生活とのつながりに必ず言及するようにしています。
すると、度々高評いただく日本の社会や人々の有り様の理解に結びつき、お客様は納得の笑顔。
その笑顔を励みに、今後も精出して参ります。

ワックジャパンのアテンダントとして一緒に働きませんか?

伝統文化だけではなく、ツアーやお料理を担当してくださる方も大募集です。
国際交流がお好きな方、外国語が好きな方、海外旅行が好きな方、人と話すことが好きな方、是非ご応募ください!
経験は特には問いません。各種研修制度をご用意しております。

ワックジャパン アテンダントインタビュー

実際に活躍中のアテンダントへのインタビュームービーです。
ワックジャパンのアテンダントになったきっかけや、お仕事でのエピソードなどをご紹介いたします。
アテンダントのお仕事にご興味をお持ちの方はぜひご覧ください。