ご案内

京都御所に近いこの地域は京都の中でも特別な場所です。古い町並み、通りの名前、どれも京都の歴史を思い起こします。わくわく館の町名は天守町。16世紀頃天主教の教会があったところといわれています。

街を歩けば、高層マンションの隙間にわくわく館のような古い建物が残っています。このような古い建物をどうして後世に残せるか、京都にとって大きな課題です。ただ、ワックジャパンが続く限り、このわくわく館を保存し、真の日本文化について体験を提供し続けるつもりです。

おススメの周辺ウォークプランはこちら

施設名称 わくわく館(高倉二条) Wakwak-kan(Takakura-Nijo)
営業時間 9:00AM-6:00PM
連絡先 電話 :075-212-9993
FAX:075-212-9994
住所 〒604-0812 京都市中京区高倉通り二条上る天守町761「わくわく館」
交通 電車:「丸太町駅」下車、徒歩5分
建物の概要 わくわく館の建物は京都市街地のほぼ中心にあり、1910年頃に建てられました。もともとは裏の通り(堺町通り)まで続いている酒屋さん(お酒屋のご隠居さん)の住居として使用されていました。
特徴 中流の上クラスの商人が住んでいた町家の特徴がいろいろ残っています。

Culture Experience Courses at わくわく館(高倉二条)で体験できるコース

  • 日本文化体験4時間コース

    ご滞在中に5つの日本文化体験をリーズナブルなお値段でお取り頂けます。総合的に日本文化を理解されたい方にお勧めします。

    ご滞在中に5つの日本文化体験をリーズナブルなお値段でお取り頂けます。総合的に日本文化を理解されたい方にお勧めします。1.着物  2.茶道  3.折り紙  4.華道 5.書道プログラム所用時間は合計約5時間となります。・料金:1名でお申し込みの場合 44,000円2名以上 27,500 円/1名*余裕をもって2週間前の予約を宜しくお願いいたします。 ご予約に関する注意点遅れて御到着された際は体験時間

わくわく館 Wakwak-kan

電車:「烏丸御池駅」下車、徒歩5分
〒604-0812 京都市中京区高倉通り二条上る天守町761「わくわく館」
train:5 min-walk from Subway Karasuma Oike Stn, Exit No.7.
761 Tenshucho, Takakura-dori,Nijo-agaru, Nakagyo-ku,Kyoto, Japan 604-0812

京都和心館 Kyoto Washin-kan

電車:京阪「七条駅」下車、徒歩10分
バス:「博物館三十三間堂前(バス)」下車、徒歩5分
〒605-0933 京都市東山区大和大路通り正面下る大和大路1丁目533番地3
train:5 min-walk from Subway Karasuma Oike Stn, Exit No.7.
761 Tenshucho, Takakura-dori,Nijo-agaru, Nakagyo-ku,Kyoto, Japan 604-0812